タグ:ESS発動事例


みんなに見守られて

その戸建て住宅の一角は住民がほとんど同世代。共に子育てをし、共に年老いた仲間たちだ。そこだけで町内会を作っているわけではないが、一昔前の隣近所という雰囲気があっ…


続きを見る

午前六時三十分

三月早々のある日、朝刊配達のスタッフから、Aさんのお宅のポストに前日の新聞が残っているという連絡が販売店に入った。ESSの発動である。 AさんはESS登録者なの…


続きを見る

 自助・互助・公助

「お一人様」関係の本が流行っている。若いにしろ高齢者にしろ、それだけ「一人暮らし」の人が多いのだろう。この是非はともかく、私たちはこの現実を受け入れて暮らしてい…


続きを見る

 見守っちゃった

《みんなで見守ろう》 N学区は、名古屋市でも屈指の『一人暮らしの高齢者』多住地区。民生委員さんたちもそれは熱心に高齢者たちの安否確認を行なっている。 そのN町の…


続きを見る

 見守っちゃった

《命を損なう認知症も…》 夕刊配達の時、団地のエレベーターに老女がうずくまっていた。「どうかされたんですか」と声を掛けると、「家が分からん…」。朝刊のお客様でよ…


続きを見る

 見守っちゃった! 《新聞を読む権利》

Aばあちゃんは新聞が大好き。ディサービスに行く日は施設の新聞をむさぼるように読むのだが、たくさん置いてあるわけではないので中々新聞を手にすることができない。 そ…


続きを見る

 見守っちゃった 《和解》

Aさんは一人暮らしのおばあちゃん。配達スタッフとは顔なじみで、先日も「今度ね、○○さんたちと旅行に行くの」と嬉しそうに話していました。 そのAさん宅の新聞受け…


続きを見る

見守っちゃった《電話番号登録》

ある団地での話です。一人暮らしの登録者のポストに新聞が入ったままになっていました。ESSの発動です。 新聞販売店はマニュアルどおりに、まずインターフォンを鳴らし…


続きを見る

盲点

先日、ESS加入者が死亡していたという知らせが入りました。販売店はびっくりです。配達では新聞が残っていた事実はなく、したがって当然報告もなかったからです。 今…


続きを見る

広告部 川田智(28)

広告部 川田智(28)

広告部 川田智(28) 身長/178cm・体重/70kg 家族/独身 父親は新聞記者。ほとんど家にいないし、真夜中に出て行くこともある。「ああいう仕事はよくな…


続きを見る