稲永学区 避難所開設運営訓練


 東日本大震災から7年、3月11日(日)稲永学区は避難所開設運営訓練を稲永小学校にて行いました。

大規模災害に備え、円滑に避難所運営ができるよう、区政協力委員 兼 災害対策委員、災害対策女性委員、大規模災害支援事業所が訓練に参加しました。

 参加者は、避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくか模擬体験できる「避難所運営ゲーム(HUG(ハグ))」を体験しました。グループに分かれ、避難者情報が書かれたカードを避難所に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、熱心に話し合いながら進めていました。

 訓練を通して、実際に災害が起こった時に円滑に行動をするにはやはり日頃の訓練が重要だと感じました。

 

 

 

伊藤委員長名古屋市災害救助港区稲永地区 伊藤克典本部長挨拶

 

全体「HUG」の説明

 

HUG敷地配置図を見ながら通路をどこにするかの話し合い

 

敷地配置図敷地配置図と避難者カード