港西学区連合自主防災訓練


 11月26日(日)港西学区自主防災訓練が宝神中学校で行われました。参加者は各町内で集合し、ヘルメットを被りロープにみんなで掴まりながら中学校まで歩いてきました。到着後、校舎の4階まで避難訓練をし、その後運動場で煙道体験をしました。参加者が運動場に集合したところで、消防団によるリヤカーを使用した要支援援護者救援訓練が行われました。その後、3班に分かれ、初期消火、消火器訓練・避難者名簿作成、非常食試食・心肺蘇生法、AED、担架の訓練を行いました。最後に消防団による放水訓練を見学し、岩田消防団長から講評を頂き、無事訓練は終了しました。 

 小さな子どもから高齢者まで、さまざまな年齢の参加者が取り組む姿から、地域の防災意識の高さを感じました。また、当店が行った非常食の試食も好評で、大変興味を持って頂けました。

 

 

 

 

 

煙道体験煙道体験

 

 

訓練要支援援護者救援訓練         

 

初期消火初期消火訓練

 

 

応急担架毛布を使った応急担架

 

 

炊き出し

炊き出し